スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず2015年7月とか

思い出せるか曖昧ですが写真とかあるのでそれを参考にしつつ書いていきます。
まずは7月。
この時私はオーディションで受かったメンバーとクァルテットを組み、原田禎夫先生のレッスンを受けるべく合わせ合わせの毎日。
今まで学生のときに勉強していたのはなんだったんだろう…て思うほど出来ないことばっか。楽器もろくに鳴らせなくて、クァルテットのチェロとしての役割も分からず、こんなんでよくやっていたなと今は恐ろしく思います。
そしてサラマンカホールさんでレッスンを受けて、いっぱい吸収して後日岐阜ハートセンター様にてアウトリーチ。
大雨の中、演奏したのはハイドンの五度を始め、クラシックやチャルダッシュなど耳馴染みのあるものを。
MCはなぜか私…笑。
このときほぼ初めて全楽章を解説入れながら演奏しました。
私、楽章間で解説MCしたことなかったんです。
だから少し心配だったのですが、メンバーに助けられて無事終了。
聞いてる方にも堅苦しくなく聞いて頂けたようで安心しました。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。